メタセコイア{生きている化石}

メタセコイア{ヒノキ科、、又はスギ科}、和名は曙杉、メタセコイアの化石は日本各地の
新生代第三紀層の化石に見られ、1939年に日本の関西地方の第三紀層で、常緑種のセコイアに
似た落葉種の植物遺体{化石の1種}が発見された。発見者の三木茂博士によりセコイアに
{のちの、変わった}という意味の接頭語である「メタ」をつけて{メタセコイア}と命名された、又落葉樹であるとも
推定した。「パソコン情報から」。。水元公園のメタセコイアの紅葉
c0346822_2243557.jpg
c0346822_2254811.jpg

向こう岸は埼玉県の三郷公園
c0346822_228538.jpg

[PR]
by barbersan | 2015-12-09 22:10 | その他 | Comments(0)
<< 冬鳥が来た 井頭公園 >>