蛇{青大将}のお陰でオオコノハズクの全身が撮れた

三年前に樹の祠から顔を出したオオコノハズクを撮った事があったが、今年又いると鳥友から情報を
頂き午後から出かけた、運よく姿が撮れたが後ろに子供が居る様な気がして、翌日又出かけて見た
朝から四時間過ぎても姿が見えず、やっと十一時頃に初めて姿を撮影できた、二度目がお昼頃、其の後
出てこないので帰る事にして車に戻ったがコンパクトカメラを持ってもう一度戻ると又身体を出していた
が、突然飛び出した、二三回飛び廻ると枝に止まって動かない、八十人程いたカメラマンが殆ど枝止まりの
オオコノハズクを撮影できた、樹の枝に蛇{アオダイショウ}が巻きついて居る、オオコノハズクが
この蛇にアタックをしていたのだ、蛇も動かず、オオコノハズクも動かず枝止まり、人々が皆、こんな事は
二度と無いと、いい日に成ったと大喜び、アオダイショウ様さまだと蛇に感謝である
c0346822_23225242.jpg
蛇にアタック態勢
c0346822_23232692.jpg
蛇を睨んで
c0346822_23252916.jpg
枝に青大将
c0346822_23250940.jpg
動かず見張るオオコノハズク
c0346822_23255306.jpg

[PR]
by barbersan | 2018-05-30 23:30 | 野鳥 | Comments(0)
<< 百面相のオオコノハズク 初めてのハチクマ >>